キルト作品集

 

 

~春の風に揺られて~

 

ポピーが咲き誇る中、蝶々が舞い、まさに春爛漫。

 

 

 

 

~ザ・着物~

 

ミックス・Tのパターンですが、古布を使って和風のタペストリーにしてみました。

 

 

~スターマイン~

 

夜空を染める色とりどりの花火の一瞬の美しさに魅せられて。

 

 

~ローズガーデン~

 

濃厚な香りを放つ深紅バラ達と対照的に広がる生垣をイメージしてみました。

 

~花束を貴方に~

(ミニタペストリー)

 

頑張った人へ、お祝いに、大切な人へ。たくさんの花々にリボンを掛けて。

 

 

~マイ・ベスト~

 

早春の野山にお散歩に。でもちょっと風が冷たい。そんな時にあると便利な楽しいベストです。

 

 

~旅行用ボストンバッグ~

 

着替えやタオル、前と後ろには本やパンフレット。横にはチケットやボトル入れと使い勝手の良いマイバッグです。

 

~はなみずきのバッグ~

 

お財布に携帯、ハンカチ、ちょっとそこまで。又はサイドバッグとしても。色を抑えて合わせやすく、重宝なミニバッグです。

 

~バラとハートのおけいこバッグ~

 

中の仕切りはチャック付き。しっかりとした作りにし、重いテキストや布を入れても大丈夫。かわいらしいデザインですが、実はしっかり者のバッグです。

 

~ちょつとハワイアンなバッグ~

 

サンダルにTシャツ、それとも木綿のワンピース。気持ちはすっかり南の島のバッグです。

 

~海とハイビスカス~

 

ほとんど無地布を使って、夏向きの爽やかなタペストリーを作ってみました。

 

~照葉峡の思い出~

 

清流に架かる紅葉や楓、樺・・・。秋の陽射しを浴びて鮮やかに。

 

~風車(かざぐるま)~

 

春祭り、夏祭り、秋・・・。季節の風を受けて回る風車。

 

 

 

 

 

~パインツリー~

 

玄関ホールやリビングの隅。暗くなりがちな壁をぱっと明るく。縦長のタペです。

 

 

 

 

~四角つなぎの和風バッグ~

 

ちょっとおしゃれをしてお食事にでも。そんな時はお気に入りの布達のバッグで。最後の最後まで大切な小さな端切れ達です。

 

 

 

~ログキャビンのショルダーバッグ~

 

スニーカーを履いて、さあ元気に歩きましょう。足元も軽やかになる陽気なバッグです。

 

~春を待って~

 

長い冬を越して、早春に咲く花をイメージしました。

 

~ドレスデンプレートのバッグ~

 

たんぽぽの咲く頃にお買い物、それともお出かけ?たっぷりと入るバッグです。

 

~フェザースター~

 

夜空に星が輝く頃には暖炉に火を入れて、ココアでも飲みましょうか。

 

 

 

~サンプラーキルト~

 

パターンにはカラフルな色をたくさん使ったので、ラティスは紺ですっきりと。ボーダーは同系色の大きな花柄でシンプルにまとめました。

    ~桜花の舞~

 

2014年6~7月目黒雅叙園にて、日本手芸普及協会による「和」をテーマとしたキルト展が開催されました。高評価を得、通期での展示となった作品です。

 

 

 

 

 

 

「くるみの森」

葉は青々としげり、大手毬の花も咲き始めました。くるみ森はすっかり初夏の様子です。

2015年目黒雅叙園にて

和の意匠、ミニキルト展

展示風景

生徒さん達も多数参加されました。

 

2016年目黒雅叙園にて

和キルト百人展「寿ぎ」

床の間に飾る和の小作品部門

入選「椿の巾着」

2016年目黒雅叙園にて

和キルト百人展「寿ぎ」

衣桁に掛ける和のキルト部門

入選「飛翔」

目黒雅叙園

頂上の間

展示風景

ベスト

義母へ米寿のプレゼント

フリージアのお花をモチーフに

シックな色合いの中にも可愛い

らしく

 

第16回東京国際キルト

フェスティバル(2017年)

布と針と糸の祭典

 

額絵キルト部門

入選「はるかなる旅路」

「ザ・スプリング」

(185×185)

春告鳥が高らかに歌い

紅白梅が満開となり、今まさに

春爛漫。

「和キルト×百段階段」2018

目黒雅叙園にて

テーマ:「和モダン 伝統の和を現代の感性で」

 

入選「初夏の池」(150×120)

 

 

お問い合わせ

TEL: 080-6790-3590

月曜日~土曜日
9:00~19:00

 

お問合わせはこちらから